知っておきたい!教会式についての基礎知識

教会式とはどんな挙式スタイルか

教会式(またはチャペル式)とは、教会や、ホテル・式場などに設置されたチャペルで行われる、キリスト教式の挙式スタイルのことです。バージンロードを歩けることや、親族だけでなく友人・知人など多くの人に列席してもらえることもあり、現在では最も人気のある挙式スタイルだと言われています。クリスチャンの場合は、自分が普段通っている教会などで式を挙げることも可能ですが、信者でない人の場合は、ホテルや式場などのチャペルで挙式を行うことができます。

教会式のおおまかな流れ

教会式の所要時間は、20~30分程度になります。また、事前にリハーサルなどが行われる場合もあります。席については、祭壇を正面にして、右が新郎側で、左が新婦側になります。挙式が始まると、まず新郎が入場し、父親などと一緒に入場してくる新婦を待ちます。そして賛美歌斉唱と聖書朗読が行われたあと、結婚の誓約や指輪の交換が行われます。そして一連の儀式が済むと、新郎新婦が退場し、フラワーシャワーやライスシャワーなどで祝福が行われます。

教会式の魅力的な演出

教会式の魅力については、さまざまな演出が楽しめるということがまず挙げられます。定番の演出には、入退場シーンでの生演奏や、賛美歌、そして挙式が終わったあとのフラワーシャワーやブーケ投げなどがあり、挙式の雰囲気を盛り上げます。生演奏については、バイオリンやチェロなどの楽器を選んだり、好きな曲をリクエストすることができる場合もあります。そして賛美歌については、聖歌隊の代わりにゴスペルシンガーに依頼するなど個性的な演出も可能です。

博多の結婚式場では、式場を検討しているカップルに写真撮影会や試食会を無料で実施しているので、楽しく見学することができます。

Related Posts